名古屋市天白区と名東区・日進市の境目 梅が丘の歯科・矯正歯科 土日・祝日診療有

〒468-0004 愛知県名古屋市天白区梅が丘5丁目1011-2 名二環沿い
Tel.052-838-7739土日祝診療有

マウスピース矯正始めてみま専科?Invisalign Infomation

名古屋市でマウスピース矯正(インビザライン)やるならまずここを読もう!1

マウスピース矯正はまったく新しくて治療効果の高い矯正治療法です☆

名古屋市天白区と日進市の境目、梅ヶ丘の歯医者さん マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツ名古屋市でマウスピース矯正(インビザライン)やるならまずここを読もう!2

最近、雑誌やテレビでも時折聞くようになったマウスピース矯正。登場当初は治療できる範囲が狭かったなどの欠点もありましたが、近年治療品質が大幅に改善し、ほとんどの歯並びをマウスピース矯正で治療できるようになってきました。

名古屋市でマウスピース矯正に力をいれている医院さんはまだ多くはありませんし、情報の量も多いとはいえません。

名古屋市や日進市でマウスピース矯正に興味がある方に向けてマウスピース矯正(インビザライン)の詳しい情報をご案内いたします☆


マウスピース矯正しま専科?のご案内内容

ページトップへ戻る

マウスピース矯正ってそもそもどんなもの?

名古屋市天白区と日進市の境目、梅ヶ丘の歯医者さん マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正(インビザライン)しま専科?02

マウスピース矯正(インビザライン)は2000年代から登場した従来とはまったく違う矯正治療法です。
1日22時間マウスピースをつけていただくことによって歯を徐々に動かしていきます。

このマウスピースは2週間ごとにどんどん新しいものに交換していきます。新しいマウスピースは非常にわずかずつ歯の位置をずらして作られているため、新しいマウスピースに交換していくことで徐々に歯が動いていくのです。

このマウスピース矯正という治療法はマウスピースが透明なため、従来のような金具をつけたり針金を装着したりするワイヤー矯正と比べて圧倒的に以下の2点の長所があります。

@矯正していることがわからない!
@虫歯になりにくい!(ワイヤー矯正だと金具や針金にプラークがついて虫歯になりやすい)


登場当初はマウスピースの取り外しが大変で治せる歯並びにも限界がありましたが、近年は素材、適応範囲ともに著しく進歩し、上記のメリットが注目され、今では当院でも従来の矯正治療法とマウスピース矯正では出る症例数が五分五分というレベルにまで普及しました。


※マウスピース矯正の歴史について…。世界初のマウスピース矯正システム「インビザライン」は1997年にアメリカで設立された会社、アライン社によって1999年にアメリカで始まりました。
さらに2001年には欧州での販売も開始。
そして2006年に日本でも販売が開始されました。
したがってまだマウスピース矯正は日本では約10年の歴史しかありません。しかしその10年の間に歯を動かせる能力が高い構造ができたり取り外しがしやすい素材に変化するなど大きな進化をとげて、さらに矯正していることが見えない大きなメリットが評価されて、今ではほとんどの歯並びの乱れをきれいに治すことができるようになり、それに伴って爆発的に普及するようになったのです。
今日では多くの類似システムも登場しましたが、圧倒的な症例経験数、その品質などからインビザラインは「ちゃんと治せるマウスピース矯正」の老舗としてその地位を確たるものとしてきています。

天白うめがおか歯科・矯正歯科のマウスピース矯正はこの老舗システム「インビザライン」を使用して行っております。

ページトップへ戻る

マウスピース矯正「インビザライン」の長所・短所 得意分野・苦手分野

名古屋市天白区と日進市の境目、梅ヶ丘の歯医者さん マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正(インビザライン)しま専科?03

① マウスピース矯正「インビザライン」の長所・短所
マウスピース矯正「インビザライン」は確かに治療効果の高い優れた治療法ですが、それでも長所の他に短所もあります。マウスピース矯正をはじめられる方は是非この長所・短所についてもよくよくお知りいただいた上で始める方が安心です。


{マウスピース矯正「インビザライン」の長所}
・透明なマウスピース(アライナー)を装着することによって矯正していくので外観は矯正治療中であることがほとんどわからない
・金具や針金が存在しないため、違和感がワイヤー矯正などに比べて小さい
・治療開始前に自分の歯並びがどれくらいの期間でどのように動くのかコンピュータ上で見ることができる。
・抜歯をした場合としなかった場合でどういった差がでるのかなどをコンピュータ上で治療前に比較できる
・ワイヤー矯正に比べて1回の治療時間が短い
・ワイヤー矯正に比べて「金具が取れた」などの至急矯正歯科にかけこまなければならないことが少ない
・歯磨きが極めて容易(ワイヤー矯正は極めて大変です)
・ワイヤー矯正に比べて通院回数が少なくてすむ(2~4ヵ月に一回ですむ)


{マウスピース矯正「インビザライン」の短所}
・ワイヤー矯正のもっとも安価なパターンよりは高額であることが多い
・一日20時間以上は装着していないと矯正効果が起きない
・装着した状況は上下の歯が接していないため、治療終了後も少しかみあわせが安定しないことがある
・ワイヤー矯正に比べて型取りの回数が多い傾向がある
・ポテトチップスや小さいチョコなどのわずかな間食でもマウスピースを外し、間食後歯磨きをして再装着する必要がある





マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正(インビザライン)しま専科?04マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?05

② マウスピース矯正「インビザライン」の得意分野・不得意分野
マウスピース矯正は「インビザライン」のみならず全般的にその矯正手法の特異性から得意な分野と不得意な分野があります。ですから不得意な分野の歯並びをマウスピース矯正で治そうとすると予想以上に期間を要したり、目標とする位置まで歯を動かせない場合があります。
この点のご紹介は専門的な表現や用語も混ざってのご案内となりますので、自分の歯並びがどんな分野にはいるのかよくわからない方は、歯並びの無料相談で実際にお口の中を拝見させていただいてご相談いただくことをお勧めいたします。

{マウスピース矯正「インビザライン」の得意分野}
・乱ぐい歯(キレイに並んでいない歯並び)の改善
・深い咬みあわせ(過蓋咬合、ディープバイト)の改善
・ねじれて生えている歯の改善(捻転歯:ねんてんし)
・真ん中のラインのズレ


{マウスピース矯正「インビザライン」の不得意分野}
・型取りが苦手な方の矯正
・栓状歯と呼ばれる三角形の形をした歯の矯正
・大臼歯を大きく動かす必要のある矯正
・生え変わりが完了していない方の矯正



{価格}580000円+税金~
※保定装置(1個45000円+税)、検査料(30000円+税)、調整料(5000円+税)は別途必要

マウスピース矯正(インビザライン)についてより詳しく知りたい方は
コチラ








マウスピース矯正をはじめとする矯正・インプラント・審美歯科治療の無料相談ご予約はお電話(052-838-7739)もしくは下のボタンから

お問い合わせ・ご予約はコチラ
ページトップへ戻る

マウスピース矯正「インビザライン」の流れ

マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正(インビザライン)しま専科?05

STEP① 当ページなどで情報収集(今ココです)
PC、スマホなどでご自身の歯並びを治すためにマウスピース矯正(インビザライン)も大きな選択肢の一つになりえることをまず「知って」ください。







マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?06

STEP② 無料相談
ネットで得られる情報よりもさらに詳しいお話や自分の場合はマウスピース矯正でもキレイに治せる歯並びなのか…どのくらい期間・費用はかかりそうか…など疑問点を無料相談に来ていただいてすべて解決しちゃいましょう!!







マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?07

STEP③ 精密検査
さまざまな情報やご自身のご希望、予算などを検討していただいて、いよいよマウスピース矯正をやるぞ!と決まったらまずは精密検査へ。開始段階でのレントゲン写真や歯並びの記録(型取り)、歯並びの写真撮影などを行います。







マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?08

STEP④ マウスピース矯正(インビザライン)用のマウスピースを作るための型取り
精密検査でも型取りは行いますがそれとはまた違う素材、違う目的での型取りとなります。この型を使ってご自身の歯並びを生まれ変わらせる治療計画やマウスピースが作られることになります。






マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?09
STEP⑤ 治療計画相談・決定
前段階の型とりから3週間前後で治療計画(クリンチェック)が完成し、医院から連絡がきますのでそのコンピューター上で治療計画を見たり、他の治療計画と比較しながら治療計画を決定します。この時の治療想定動画はなかなか見応えがありますよ!







マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?10

STEP⑥ マウスピース矯正開始!!
前段階からさらに2,3週するとその治療計画に沿ったマウスピースたち(アライナーと言います)が医院に届きます。届いたら歯の表面の数か所に白い樹脂(パっと見、わからない程度の白い樹脂の突起物)をつけてマウスピース矯正(インビザライン)開始!







マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?11

STEP⑦ 進行チェック、状況に応じて修正矯正
マウスピースは2週間に1回どんどん新しいものに交換していきます。その間2~4か月に1度くらいのペースで通院。スタート時につけたアタッチメント(一部の歯の表面につける目立たない樹脂)が取れてないか、とか、マウスピースの合いが悪くなってないかなどをチェックしながら新しいマウスピースをもらっていきます。マウスピースの合いが悪くなってきた場合は型取りをして修正矯正用のマウスピースを作る場合もあります。







マウスピース矯正インビザラインとインプラントに力を入れる天白うめがおか歯科・矯正歯科プレゼンツマウスピース矯正しま専科?12

STEP⑧ マウスピース終了!保定装置のセット、素敵な笑顔が作れる毎日へ!
追加矯正も必要ないほどにキレイな歯並びになったらマウスピース矯正終了☆終了間際に保定装置(夜間につけていただく歯並び維持装置)を製作、お渡しして、矯正治療は終了です☆この後は歯並びがまたくずれないように担当医の指示にしたがって保定装置を使うようにしてくださいね!




マウスピース矯正(インビザライン)やその他の矯正治療はすべて、確かに高額です。しかし、将来歯周病や虫歯のリスクを大幅に下げ、そして何よりこれまでずっと感じてきたコンプレックスから開放されて、笑顔を遠慮なく作れる生活はプライスレスです。この機会に矯正治療、どうせやるならやっていることが目立たないですむマウスピース矯正をぜひご検討してみてくださいね☆


矯正・インプラント・審美歯科治療の無料相談ご予約はお電話(052-838-7739)もしくは下のボタンから

お問い合わせ・ご予約はコチラ
ページトップへ戻る

マウスピース矯正「インビザライン」の治療例紹介

症例① 20代女性 かみ合わせが逆の歯がある

名古屋市天白区でインプラントやマウスピース矯正インビザラインに力を入れる歯科医院、天白うめがおか歯科・矯正歯科の矯正治療症例紹介1
前から2番目の歯が逆のかみあわせになっていて前歯も出た感じになっているのを気にされてご来院されました。
マウスピース矯正に以前からご興味があったとのことで、迷わずマウスピース矯正(インビザライン)で治療スタート!治療期間2年弱でここまでキレイになり、かみ合わせも理想的な状況になりました。
ご本人的にはビーバーのようだった前歯がキレイにそろったことで非常にご満足いただけたようです。

症例② 10代男性 下の前歯がガタガタした歯並びで舌でいつも気になってさわってしまう。

名古屋市天白区でインプラントやマウスピース矯正インビザラインに力を入れる歯科医院、天白うめがおか歯科・矯正歯科の矯正治療症例紹介2
下の前歯がガタガタしてるのを気にされてのご来院。吹奏楽をしているのでワイヤー矯正は違和感が強すぎるという点を気にされてマウスピース矯正(インビザライン)を選択。
実際の部活動やテスト勉強もまったく気にならなかったとのことで、2年後にはキレイな歯並びとなりました。

症例③ 30代女性 出っ歯なのをいつも気にしていた。あまり目立たない方法があるならそれでやってみたい

名古屋市天白区でインプラントやマウスピース矯正インビザラインに力を入れる歯科医院、天白うめがおか歯科・矯正歯科の矯正治療症例紹介3
出っ歯なのを気にされてのご相談は比較的多いパターンです。この方もそれをいままでずっと気にしてこられた方。ただあまり目立たない方法で矯正できればベストというご希望があったのでマウスピース矯正(インビザライン)で治療することに。
実際にこの方は2年半で治療完了。「こんなにキレイに治るならもっと早くからやればよかった!」とお喜びでした。

症例④ 40代女性 全体的に歯並びが乱れている。鏡を見るといつも口もとに目がいってしまう。

名古屋市天白区でインプラントやマウスピース矯正インビザラインに力を入れる歯科医院、天白うめがおか歯科・矯正歯科の矯正治療症例紹介4
もともとの歯並びの乱食い度合いが強いため、自分はマウスピース矯正はできないかもと考えておられた方です。
マウスピース矯正(インビザライン)は開発当時より格段に適応症例が広がっていて今ではほとんどの歯列不正を矯正することが可能とされています。
3年はかかりましたが、お口許以外はもともと美人な方であったことも手伝って、その仕上がりの美しさに非常に高い評価をなさっておられました。





矯正・インプラント・審美歯科治療の無料相談ご予約はお電話(052-838-7739)もしくは下のボタンから
お問い合わせ・ご予約はコチラ
ページトップへ戻る

マウスピース矯正(インビザライン)の用語集

□インビザライン
マウスピース矯正の大手会社、アライン社が提供するマウスピース矯正システムの総称。マウスピース矯正システムの中で老舗的存在で天白うめがおか歯科・矯正歯科のマウスピース矯正もこのシステムを採用しています。

□アライナー
マウスピース矯正で用いる、マウスピースそのものの名前。インビザラインというマウスピース矯正システムの製作会社がアライン社という名前なのでそこからきている。2週間ごとに交換するのが一般的。

□クリンチェック
マウスピース矯正「インビザライン」において治療開始前にコンピュータ上で作られる治療計画のこと。複数作れるので抜歯をした場合や非抜歯で行った場合などを見比べることもできる。患者様本人にも実際にご覧いただくパターンが多い。

□アタッチメント
マウスピース矯正「インビザライン」において、歯をうごかすために数本の歯に装着する白い突起物。見た目は目立たないが舌などでさわると凸凹感を感じる程度の存在。それでもこれがないと歯が効率よく動かない。

□ステージ
一つのマウスピースを使ってる期間のこと。10段階のマウスピースを使って行う治療計画ならば10ステージと表現する。1ステージに必要な期間は2週間なので10ステージの治療計画ならば20週間の治療期間となる。

□IPR(アイピーアール)
マウスピース矯正「インビザライン」の治療において、歯の乱食い状況を改善するために行われる。歯と歯の間をやすって隙間を確保する処置。1か所につき0.2mm~0.5mm程度行うことが一般的。

□パワーリッジ
マウスピース矯正「インビザライン」で使用するアライナーの縁あたりに必要に応じて付与される線状の構造。意図してつけられているものであるが、その存在を知らない患者様が見ると傷が入った不良品のアライナーと思われてしまうこともある。

□プレシジョン・カット
マウスピース矯正「インビザライン」で使用するアライナーの犬歯部あたりに必要に応じて付与されるトゲ状の構造。意図してつけられているものであるが、その存在を知らない患者様が見ると不良品のアライナーと思われてしまうこともある。

□追加アライナー
実際の治療の経過とコンピュータ上で作った治療計画の経過に誤差が生じ始めた場合に行われる追加矯正のこと。今までその時期によってミッドコースコレクションとリファインメントという二通りの名前があったが、2015年に時期を問わず一つの名称に統合される。

□パッシブアライナー
新たに矯正力を加えず、そのままの状態を維持するためだけに装着するマウスピースのこと。上がまだ治療中だが下は治療が完了している時期などに下に装着する。

□ビベラ・リテーナー
通常の針金やプラスチックから構成されるリテーナーと異なり、アライナーと似たような見栄えの目立たないリテーナー(矯正終了後の歯並び維持装置)。通常のリテーナーより高いがご希望により選択可能

矯正・インプラント・審美歯科治療の無料相談ご予約はお電話(052-838-7739)もしくは下のボタンから

お問い合わせ・ご予約はコチラ
ページトップへ戻る

マウスピース矯正(インビザライン)のQ&A

Q1:マウスピース矯正でホントに歯は動くんですか?
はい、動きます。2000年代前半まではマウスピース矯正で動かせる歯並びにはかなり制限があるとされてきましたが、徐々にマウスピースの素材、矯正解析コンピューターの改良が進み現在ではほとんどの歯列を矯正することができます。

Q2:アライナー(マウスピース)の取り外しは大変ですか?壊れないものなのでしょうか?
現在のアライナーは取り外しは大変ではありません。マウスピース矯正「インビザライン」のシステムは2013年にアライナーの素材がスマートトラックというものに改善されてからアライナーの着脱は劇的にやりやすくなりました。 マウスピース矯正をご経験された方のブログなどでアライナーの取り外しが大変と書いてある方がおられたらその記載年月を調べてみてください。おそらく2014年より前だと思います。 また、アライナーはまれにヒビが入ることがありますが、基本的に2週間で交換なので2週間の間、ヒビが入ったままご使用いただいてもさほど問題ありません。もし完全に割れてしまったら担当医にご相談ください。

Q3:アライナーを紛失してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
アライナーの紛失には十分気を付けていただかなくてはなりません。それでも一個紛失してしまった場合はその一個前のステージのアライナーを3週間、一個後のステージのアライナーを3週間使っていただいてなんとか埋め合わせる形となりますが、どうしても誤差が生じやすくなり、追加矯正(ミッドコースコレクション)が必要になる場合があります。

Q4:マウスピース矯正のマウスピースはホワイトニングにも使えますか?
使えます。ただし、マウスピース矯正治療中はアタッチメントと呼ばれる小さい樹脂の突起物を数本の歯に装着しないといけないため、マウスピース矯正開始時にアタッチメントを付けない期間を設けて、その時にホワイトイングすることをお勧めします。

Q5:歯周病が強いのですがマウスピース矯正は可能ですか?
マウスピース矯正に限らずすべての矯正治療は歯周病があまりに強い方の場合、できない場合がございます。
その程度や基準は歯並びの乱れ具合によって変化しますので、一度担当医にご相談ください。

Q6:マウスピース矯正のマウスピースが徐々に合わなくなってくることはありますか?
ありえます。歯並びを動かしていく中で誤差が生じ、その誤差の影響でマウスピースが合わなくなってくる場合があります。
その場合は型を取り直してまたしっかりフィットするマウスピースに作り替えていくことができます。この際の料金は無料です。(この行程を追加アライナーと呼びます。)


矯正・インプラント・審美歯科治療の無料相談ご予約はお電話(052-838-7739)もしくは下のボタンから

お問い合わせ・ご予約はコチラ
ページトップへ戻る
Copyright(C) レスポンシブHPテンプレート no.006 All Rights Reserved. Design by Megapx / Template by s-hoshino.com / Sponsored by http://y-beauty.net/